スタディプラスを使って主婦が50時間でFP3級に合格した勉強方法

学習記録

皆さんは、資格勉強をしているときに、どのようにしてモチベーションを保っていますか?

仕事や家事育児をしながらの資格試験の勉強は、モチベーションが上がらず思うように勉強時間が取れないことも多いと思います。

そこで今回は、スタディプラスのアプリを使って約50時間の勉強時間で、主婦FP3級に合格できた体験記をご紹介します。

「毎日勉強するって、難しくない?」

「やる気が続かなくて、気分転換でしてたはずの部屋の掃除ばかり捗るんだよなぁ」

など、色々な気持ちが芽生えて悩んでいる人の手助けになるような内容になっています。

ぜひ最後まで記事を読んで、参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

FP(ファイナンシャルプランナー)とは?

FP技能検定には1級、2級、3級の3つの等級があり、それぞれに学科試験と実技試験があります。学科および実技試験に合格すると等級ごとにFP技能士(例:2級FP技能士)を名乗ることができます。

また、試験は、顧客の収入・支出、資産・負債、保障(内容)などのデータを収集し、現状を分析したうえで、顧客のライフプラン上の目標を達成するため、貯蓄、投資、保険、年金、税金、不動産、相続などについて、長期的かつ総合的な視点でさまざまなアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助するための知識が問われます。(日本FP協会より)

FP3級試験について

試験団体は、日本FP協会、きんざい(金融財政事情研究会)から好きな方を選択できます。

2団体の違いは、実技試験の科目が異なります。

日本FP協会・・・資格設計提案業務

きんざい・・・個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務

試験日

年3回、1月、5月、9月に実施されます。

受験料

学科・・・3000円、実技・・・3000円

合格率(2021年5月試験結果)

日本FP協会・・・学科83.25%、実技76.65%

きんざい・・・学科47.81%、実技(個人資産59.63%、保険顧客47.76%)

私が50時間で合格できた勉強方法

それでは、実際にFP3級に合格できたスケジュールをご紹介します。

勉強期間

2021年4月24日~2021年5月23日(試験当日)まで

一日の勉強時間

平均1時間(平日30分~1.5時間、土日1~2.5時間)

スタディプラス(Studyplus)の活用方法

ここからは、今回の試験勉強で大変お世話になったスタディプラス(Studyplus)のご紹介です。

活用次第であなたの勉強のモチベーションがグッと上がります!!

同じ資格試験を受ける仲間(フォロワーさん)をたくさん作る!!

この機能が本当になんですよね!

このアプリを使っている人=目標に向かって勉強を頑張っている人なので、モチベーションが高めの方がゴロゴロいらっしゃいます。

TwitterやインスタグラムのようなSNSとほぼ同じ使い方で、「FP3級」と検索すると受験予定の人のタイムラインや勉強内容などを見ることができます。

同じ目標に向かって勉強している人をフォローして”いいね!”を押したり、コメントで励ましあったりできるのもメリットだと思います。

勉強をする気が起きない時でもフォロワーさんがタイムラインで勉強報告をしていると、自分も頑張らなくちゃ!とやる気が出るので、切磋琢磨しながら試験日当日までモチベーションを保った状態で勉強を続けることができました。

おすすめのFP3級テキスト

資格試験の勉強をするにあたって、テキストや問題集のセレクトはかなり重要になってきます。

なぜかというと、資格教材の相性で内容の理解度や得点率が変わってくることが多いからです。

FP3級でも、さまざまな出版社からテキストや問題集が発売されています。

中でも、TAC出版の「みんなが欲しかった!FPの教科書3級」が人気のようです。

今回の試験では、今からご紹介するうかる!FP3級速攻テキスト」を使用して、合格しました。

こちらのテキストの良い点は、各章ごとに練習問題+過去問が出題されているところです。

また、個人的に視覚的に字体が好みだったのも大きな理由です。

FP3級を勉強して良かった点

金融リテラシーが向上した

金融リテラシーとは、「日々の家計管理や資産形成、金融取引や保険、金利やローンの知識など、お金と上手に付き合うために必要な知識や判断力のこと」です。

FPを勉強する前は、「投資って何?ふるさと納税?」というレベルの知識しか持っていませんでした。

そんな私ですが、今回のFP3級取得をきっかけに、つみたてNISAやふるさと納税を始めることに!

しっかりとお金の知識が身につくことで、お金で損をすることが怖くて踏み出せなかったことにもチャレンジできたのは、かなりのメリットだと感じました。

FP3級を勉強して悪かった点

転職には資格が活かせない

FPの勉強をする方は金融業界に従事している方が多い印象ですが、3級だけでは転職時の強みにはならないようです。FP1級まで所持していると、かなりのアピールになるとのこと。

FP1級の学科試験の合格率は10%前後と難易度が高いため、宅建などの資格と組み合わせて強みにするとよいかもしれません。

まとめ

今回は、スタディプラスを使って主婦が50時間でFP3級に合格した体験記をご紹介しました。

スタディプラスで同じ目標をもつ仲間と切磋琢磨し、勉強を続けることで必ず合格することができますので、FP3級を目指している方の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

また別の記事でお会いできるのを楽しみにしております。

コメント